楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 






命は宇宙







命は宇宙です。

あなたという尊い宇宙の中に、はじめから治す力が備わっています。

多くの人は、その力が隠れたまま、発揮できずにいます。

医学や食事法や治療法や健康法も大事です。

ですが、一番大事なのは、あなた自身の中にある力です。



健康な人でも、30秒に一個の割合で癌細胞が生まれます。

一日に3000個、一年で100万個の癌細胞が生まれます。

免疫細胞(NK細胞 T細胞 マクロファージなど)は、

自らの命と引き替えに癌細胞と戦います。

誰から褒められることもなく、

ただ、あなたの命を守るために、

癌細胞と戦って死んでいきます。


↓癌細胞と戦うNK細胞

下の 画像の真ん中 をクリックすると動画が再生されます。


体の中ではいつもこんな戦いが行われ、

私たちは生かされているのですね。





悲しみの底にあるときも、

自分の不幸を呪っているときも、

免疫細胞はあなたの命を守るために、殉死していきます。

あなたの中では今も、

癌細胞と免疫細胞の壮烈な戦いが行われています。

他人の免疫細胞を輸血することはできません。

あなたの体の中ではあなたの免疫細胞しか役に立ちません。


免疫細胞はたった一つの目的に向かっています。

あなたを生かすこと。

ただそれだけ。

彼らが命を捨てて仕事を遂行してくれなければ、

私たちは生きていけません。




免疫細胞の生き様、死に様を考えると、

小さなことで悩んだり、怒ったり、

争ったりしている場合ではありません。

不運の中、ストレスの中、逆境の嵐の中でも、

凛として、生きていきましょう。






免疫細胞は

癌はもとより風邪・インフルエンザ・エイズ・花粉症

あらゆる感染症 アレルギー疾患

の治療の中心です。

免疫細胞が病気を治します。

つまり、あなたがあなたの体を治しています。

医学も大事 食事も大事

でも一番大事なのはあなたご自身の力です。

病気を治しているのはあなた自身です。


医学や薬や健康法や食事法や治療法は補助です。

免疫細胞が極端に減少した状態では、

薬は効果を発揮できず、通常のありふれた菌にでさえ

死ぬ危険性があります。

健康法や医学の中心はどうやって免疫細胞は増やすかにあるでしょう。






では、免疫細胞を増やすにはどうしたら良いでしょうか?

残念ながら、簡単に増やす方法はありません。

食事や睡眠も大事ですが

笑うことが大事です。


そんな馬鹿な!・・・とお思いかもしれませんが、

笑うことが免疫細胞を増やします。

笑えば癌が治るのか?

   いいえ。

笑えば痛みが消えるのか?
  
   いいえ。

笑えば苦しみから解放されるのか?

   いいえ。

それでも、笑うのが一番免疫細胞を増やす方法です。

世界一の名医の手術を受けるにしても、

優れた治療・医療・サプリメントを受けるにしても、

優れた食事法・健康法・呼吸法・運動法を実践するにしても、

怒りや憎しみや嫉妬やイライラでそれらを受けるのと、

笑いと感謝の気持ちで受けるのでは、

効果はまるで違います。


笑いが医療・治療・食事法・健康法と合わさったときに、

初めて最高の効果が出ます。


仕事を例に考えましょう。

苦しんで努力すれば良い成績が出ると思いがちですが、

トップクラスの成績の人は、

仕事そのものを楽しんでいます。

免疫細胞も、病気を治す力も、

楽しいとき、笑っているとき、感謝しているときに、

一番発揮できるようになっています。



何を実践するにしても、

その効果を最大限に発揮するためには、

笑いと感謝が必要です。

その逆のもの、怒り・憎しみ・攻撃・議論・争い・悪口・陰口・

見下し・嫉妬心・不平・不満・心配・イライラなどは、

効果を下げます。

またあなた自身がそういう感情をもっていなくても、

そういう感情は感染しますので、

そういう人たちからなるべく離れましょう。





道は開ける   D・カーネギー著



本書P66より引用

 
癌で医師から死の宣告を受けたオルガ・K・ジャーヴィの手紙。

もはやラジウム照射ができないほど

症状が進んでいる場合に用いられるX線の量は、

通常なら一日十分三十秒で三十日間です。

私の場合は、一日十四分三十秒のX線を

四十九日間も浴びました。

私の骨は、はげ山に転がっている岩のように

痩せ衰えた体からつき出し、

両足は鉛のように重くなっていましたけれども、

弱音は吐きませんでした!

一度だって泣いたりしませんでした。

ただ微笑みを浮かべていました。

そうだからす。

無理に微笑みを浮かべていたのです。

いくら私が馬鹿でも、

微笑みを浮かべれば癌が治るとは思いません。

しかし、努めて明るく振る舞えば、

肉体は病気と闘いやすくなるのではないかと思います

とにかく私は癌が完治するという奇跡を、身をもって体験しました。 
 






笑うと免疫細胞が増える科学的理由