楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


糖質制限



糖化 (AGE化) 

糖化の例







西洋医学の用語「糖化」=AGE化

コラーゲン(タンパク質)が糖で弱くなることです。

AGE化はAdvanced Glycation End Productsの略語であり、

終末糖化産物、後期糖化生成物という意味です。



「糖化」は「酸化」より肌と体を老化させます。

「糖化」とは、体内のたんぱく質と、

食事によって摂取した糖(砂糖・米・小麦・果物など)

とが結びつくことで、

糖化した蛋白質が生成され、体内に蓄積してしまうことです。

糖化した蛋白質はとても弱く、

病気と老化の重要な原因になります。

影響を受けるのは皮膚だけではなく、

内臓、筋肉、脳、骨、血管など全身です。

(血管は蛋白質で出来ています。

骨にもコラーゲン=蛋白質があります。)

下図は玄米菜食で糖化が進んだ例






糖化4大特徴 (個人によりすべての特徴が出ない場合もあります)

顔が 皮膚が

ブヨブヨ 黒い(シミ) シワ 乾燥 

▾ 糖化の例 (体内で多すぎるブドウ糖が処理できず乾燥状態。

ブドウ糖が多くタンパク質が足りない状態でコラーゲンが崩壊傾向。)




そのほかの特徴

怪我・病気が治りにくい

関節を動かすと音がする 菌・ウイルスに弱い

骨・歯が弱い 姿勢が悪い 背骨がゆがむ 猫背




X脚 O脚 猫背





糖化でブヨブヨに太る シワが多い 皮膚が黒ずむ シミ

     



糖化でガリガリに痩せる 食べても太ない

胃弱 脂と蛋白質が苦手 消化が悪い





口唇ヘルペスは糖化の代表的な病気。




コラーゲンはタンパク質。

肌、靭帯、骨、関節、筋肉、腱、歯 グキ、歯、目、血管、爪、髪など

全身に存在します。

そして 糖で崩壊されていきます。


糖分=老化


腐りかけたバナナは甘くて、

フニャフニャに柔らかくなります。

指で簡単に潰せます。

甘い桃も指で簡単に潰れます。

熟れすぎたメロンも柔らかくなります。

そして黒ずんできます。



果物の老化ホルモン「エチレンガス」

果物は熟すとエチレンガスを発生します。

エチレンガスによって、果物はさらに早く熟していきます。

エチレンガスは果物にとって

「成熟ホルモン」のように 作用します。

果物が熟していく過程で、果物の中では何が起こっているのでしょうか。

固さが柔らかくなるのは、

ペクチンという細胞間物質が分解されていくからです。

ペクチンは分解され、糖分に変化します。

果物は熟すと甘くなるのはそのせいです。

ペクチンは細胞と細胞の間にあって、果物の形を支えています。

これがエチレンガスに反応して次第に分解されていきます。





人間の老化も似たところがあります。

人間の体にも細胞間物質としてコラーゲンがあります。

人間の体に含まれるたんぱく質全体の1/3以上がコラーゲンです。


ブドウ糖とタンパク質が結合することがあります。

その結果、結合しているタンパク質(コラーゲンも含む)と

交差連結できる糖化最終産物が形成されます。

実験によると、糖化が高分子コ ラーゲンの集結力を妨害します。

糖化最終産物はタイプIVコラーゲン分子のネットワーク形成も妨害します。

タイプIVコラーゲンは肌の基底細胞膜の構造を 安定させるため、

糖化が起こると肌の老化が著しくなります。

糖が、タンパク質(コラーゲンを含む)を破壊します。

これが糖化です。

タンパク質の脆弱化です。

細胞が弱くなり菌やウイルスへの抵抗力がなくなる

皮膚が老化し黒ずみ弛んでくる シワが増える 目の周りのタルみ 

痩せすぎる(タンパク質=筋肉を作る能力低下)

太り過ぎる(糖が脂肪に)

骨が弱くなる 骨折しやすくなる 歯が弱くなる

等々。

ほとんど全ての病気に関係しています。





例えば皮膚の組織にあるコラーゲンが少なくなると、

保水性や弾力性が保たれなくなり、年をとった感じになります。

糖化4大特徴のうちの3つ ブヨブヨ シワ 乾燥 です。


身体の多くの部分はコラーゲンでできています。

血管の壁を例に取りましょう。

直径0,007ミリという極細の毛細血管のコラーゲンが糖で破壊されます。

毛細血管やグローミュー(血管のバイパス)が崩壊され、

血液の流れるルートが減り、

冷え性、高血圧、低血圧、脳や循環器の病気など

様々な症状・病気を。

コラーゲンは、動物の体内に最も多く含まれるタンパク質の一種です。

皮膚や骨、関節などあらゆるところに存在している重要な成分です。





コラーゲン再生のため

肉や魚などのタンパク質を食べると、

体内でアミノ酸に分解されます。

そのアミノ酸が体内で作られるタンパク質の構成成分になります。

分解されたアミノ酸は不足しているタンパク質から

優先的に合成していきます。

コラーゲンもタンパク質ですので、

サプリや食事でコラーゲンを取らなくても

肉・魚などのタンパク質を十分とっていれば、

体内でコラーゲンは生成されます。





人間も果物と同じく、糖が増えるとブヨブヨで黒くなります。

老人性のシミも同じ。

日光はそれを増長します。シミ、そばかす、肌荒れ、老人性シミ。


糖分が多い=腐る=シワシワ=乾燥=黒くなる=死




年齢とともに糖が蓄積。

医学的検査で健康でも、突然病気になることがあります。

症状が隠れているだけの場合があります。




細胞を調べなくても顔で分かります。

西洋医学の検査で異常がなくても、

顔に締りがなければ糖の影響があります。

若くても糖が多いと顔に締まりがなくなくなります。

頬のたるみ、目の下のふくらみ。



炭水化物で糖化が起きると

太っていればブヨブヨになるのはもちろんですが、

痩せていても締りがありません。

その場合は黒ずむか、皺が増えます。

小食で断食を続けた人でも、

高年齢になると蛋白質不足から

痩せていても乾燥して、皺が増えるなどになります。

これも糖化。

糖化していますと、

ダイエットしてもいまひとつ締まりません。

それは細胞が糖漬けでもろくなっているから。






人の体を構成するタンパク質の

3分の2は細胞の中にある非コラーゲンで、

残りの3分の1はそれら

細胞の周囲にあるコラーゲンで出来ています。

「コラーゲン」の種類はI型からⅩ型までいろいろな型があります。

コラーゲンは複雑な構造のタンパク質であり、

肌、靭帯、骨、関節、筋肉、腱、

歯 グキ、歯、目、血管、爪、髪などの

強度と柔軟性を保つはたらきを持ちます。

コラーゲンは皮膚(皮)に多く含まれますが、

皮膚や内臓の形状を健康に保つため にとても重要な要素です。





糖(米 小麦 砂糖類・甘味料 果物)の多い食品を止めると、

徐々に体は締まってきます。

たるんだ皮膚を正常化するには生水と塩と蛋白質が必須です。

蛋白質は肉、魚、乳製品から。



糖化は多くの病気に悪影響を与えます。

肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、などの不定愁訴。

インフルエンザ、エイズ、風邪、

などのウイルスなどによる伝染病。

膀胱炎などの菌感染。

高血圧、脳卒中、糖尿病、肝臓病、腎臓病、など生活習慣病。

アトピー、喘息、花粉症などのアレルギーの病気。

免疫疾患といわれるリウマチなどの膠原病、

白内障、緑内障、鼻炎、耳鳴り。

冷え性、肌のしみ・くすみ、肥満あるいは痩せすぎ。

癌、膠原病、リウマチ、などの難病。

心の病気。うつ病。パニック障害。不眠症。無気力。ニート。

心が不平・不満・怒り・イライラだらけになる。

これらまったく違った病気が同じ一つの原因からおきます。





若いうち、あるいは自然治癒力のあるうちは、糖の影響を消せます。

年齢とともに、あるいは個人によっては若いうちから、

糖の影響を消す能力が低下し糖化になります。

たった一くちの甘いもの、たったひとくちのお米で影響を受けます。

糖化が進むと、

怪我も病気もなかなか回復しません。

糖化はウイルスや菌などの侵入を簡単に許し、

体液内で菌がその体に繁殖して住み着きます。

伝染病にたいして極めて弱い体質となります。



先祖から受け継ぐ糖化

糖化は先祖からも受け継ぎます。

今でこそ安価ですが、

昔は砂糖も果物も穀物も貴重品でした。

これらを飽食できるのはごく一部の金持ちでした。

裕福で糖摂取が続くと

子孫は生まれたときから糖化が進んだ状態でいます。

ひ弱な子供が生まれやすくなります。

3代続くとかなりひどくなり、4代目は大きな異常が出やすいです。

子供の癌・白血病など。

とくに砂糖の取りすぎはかなり深刻な影響を残します。

現在の日本では、砂糖、人工甘味料、穀物、果物、

が簡単に手に入るようになり、

日本人全体が糖化してきてます。

子供のアトピー・喘息・癌・肥満・虫歯・近眼・猫背・O脚。

そして糖化の代表の病気 膠原病 クローン病




糖と菌の関係

歯周病の原因は、食べものの「糖分」ではなく、

その中に含まれる歯周病菌で、糖分は「菌」のエサになります。

糖分をエサにして、歯周病菌や虫歯菌(ミュータンス菌など)は

ネバネバした物質をつくります。

そこへ細菌が集まってきてデンタル・プラーク

(バイオフィルム=生体膜)という

細菌の塊(集合体)ができます。

歯と歯肉の間などに見られる、

白っぽい物質がデンタル・プラークで、

1mgの中に1億個以上もの細菌がいます。



食パンの外側が茶色くなるのは、

小麦タンパクが糖化して、熱であの色になります。

温度が低いと白くなります。

簡単な実験で試せます。

1、小麦粉のみ、2、小麦粉+砂糖10g、 3、小麦粉+砂糖20g

の3種類で同じ温度でホットケーキを作ります。

1は白っぽいですが、3では糖が多いため、

小麦粉内のたんぱく質と糖が糖化を起こし茶色くなります。

糖化のためには、糖分と温度が必要です。

菜食で低体温ですと、色が白くなりやすいのこのためです。

白血病など。





砂糖より怖い乳糖と果糖

乳糖(牛乳)と果糖(果物)は

ブドウ糖の10~15倍糖化します。

詳しくは 乳糖    果糖