楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


糖質制限



LowT3症候群改善食 (低T3症候群)


糖質制限・MEC食・断糖メガ栄養食で

抜け毛 冷え性 だるさ 体調不良 皮膚の老化



FT3(遊離トリヨードサイロニン)…2.5~4.5pg/dlが正常値





糖質制限で体調不良





抜け毛 冷え性 だるさ 体調不良 皮膚の老化 

LowT3症候群 (低T3症候群)で起きる場合があります。

LowT3症候群の説明は こちら



LowT3症候群がある場合、

蛋白質不足が一番の原因です。



糖質なら食べられても、

タンパク質は食べられないですね。

そういう生活してきませんでしたから。

これも糖害だからしょうね。





どんな人がLowT3症候群がなりやすいか


糖害の酷い人 糖質漬けだった人。

薬害の酷い人

(ステロイド 鎮痛剤 ピル 抗生物質 その他全ての薬)

菜食 少食 断食 カロリー制限をしてきた人

ベジタリアンだった人

お肉をあまり食べてこなかった人





どんな症状になるの?


LowT3症候群、つまり栄養不足では

抜け毛 白髪 毛質の低下

肌荒れ 肌のシワシワ 肌の乾燥 肌の老化

冷える

だるい 体が重い 疲れやすい

お腹がはって便秘

浮腫む

太れない

あるいは食欲がないのに体重が増える

(食欲がなくなり、食べる量が少なくなりますが、

新陳代謝が低下してカロリーの消費が減っているため、

またむくみのために、体重は減らずにむしろ増えます。)

無気力

月経や妊娠等の異常





動物性タンパク質を多く摂ってて体調不良

動物性タンパク質と動物性脂肪を多く摂っていながら、

だるい 冷える 太ってしまった

と言う場合はT3だけではなく、

甲状腺機能全般が低下しています。

(ただ検査に出ないケースが多いようです

検査で異常なしだが機能低下)

また鉄不足も関係します。




LowT3症候群は病院でFT3を検査してもらえばいいです。

TSH FT3 FT4 の3点セットで検査してもらうと良いでしょう。

たいていの病院でしてくれます。

LowT3症候群(FT3が少ない 基準値2.30~4.30pg/ml)

ならば、だるさ 冷え 抜け毛 肌老化 便秘 生理痛・不順

になります。

これは栄養不足で節約モードに入り

髪の毛など命に関わらない部分を省エネにし節約してます。