本文へスキップ

楽道 メガビタミン 分子栄養学


私の書籍は、約28年間の
ベジタリアン・小食・断食生活と、
その後の15年間(2018年現在)の
肉食・糖質制限生活、
さらにその間に治療したベジタリアン千人以上
糖質制限千人以上の
患者さんの観察例をベースに書いております。

19歳から62歳(2018年)の43年間の食事法指導で、
科学的な理論や書籍や
ネット上の完治例(断食で癌が治ったなど)が、
臨床の場では
あまり役に立たないことを痛感しました。
不思議と思うかもしれませんが、
臨床の場では、
統計や理論が無力なことが多かったのです。

「目の前にいる人がその食事法で治ったかどうか。」
それだけを基準にこれらの本は書かれています。



食事法には様々な考え、流派があります
糖質制限 ケトン食 MEC食 
分子栄養学(オーソモレキュラー)
菜食 ファスティング(断食) 
パレオ・ダイエット リーキーガット・ダイエット
DASH食
それぞれに良さがありますが、
また限界、欠点もあります。

書籍でご紹介した食事法メガビタミンは
実践で役に立つ食事法です。

特に私は下記の4つにこだわりました。
下記四つが治せれば、他の病気や
アンチエイジングにも応用が利き、
ほとんどすべての病苦や
老化予防に役立つからです。

その4つとは、

@ 難病である膠原病が治る食事

A ガン、少なくてもステージ3のガンを
寛解させる食事法
治験例は下記の本参考(英語です)



   B 抜けるような透明感のある白い美肌
C 若はげ、薄毛が治る食事法
治験例はまだ少なく数十例 
データーを集めています
Cを治せる食事法は、
他にはまず無いと思います。


私は過去に菜食・断食生活28年
その後、糖質制限に変わり15年がたちます。
(2018年の時点)

その間、多くの食事法実践者たちを
見てきました。
どんな食事法でも、1年、2年、くらいはそこそこ
良好な結果がでます。

しかし5年くらい続けますと、弊害も出てきます。
しかし実践者はその方法を過信してしまい
弊害を見失ってしまいます。

オーガニックにこだわってもハゲる人がいます
思想や理想は素晴らしくても
結果がすべてです。

流派にこだわらず、結果重視の食事を求めましょう。
厚生労働省の勧めるバランスの良い食事で
50パーセントの人がガンになります。
これをガンにかかる率1パーセント以下、
かりにガンになっても小さいままで済む
そういう食事法にできないでしょうか



三石巌先生 (物理学者 分子栄養学)
藤川徳美先生(心療内科)

アメリカのオーソモレキュラー
(日本のオーソモレキュラーとは大分違う)
の三つの影響を強く受けました。

三石巌先生の三石理論の三本柱
高タンパク質 高ビタミン 抗酸化

さらに糖質制限を加えた
四本柱をベースにします。
さらに私の手技治療なども併用
結果こそすべての食事法を
まずは入門で下記を読まれてください