楽道

 楽道 糖質制限食  心の病 うつ病 ハゲ  整体 糖質制限

整体  楽道 糖質制限食 腱・靭帯治療法 心の病 うつ病 ハゲ 糖質制限

楽道サイトのみ検索 


糖質制限




● なぜ糖質制限なのに高タンパク美肌食と書いてあるのですか?

肌が綺麗になっていくことを一番のポイントに置いています。

肌の美しさは内臓全体の健康と深く関わります。

糖質を制限し糖化が改善されると

とくに毛細血管・腸・肌が健康になります。

血液検査も大事ですが、

肌の艶や美しさ、水を弾くようなしっとり感

これを健康の基準にするのが一番確実でしょう。

例えば、体重が落ちて、血液検査の結果が良くなっても、

肌が糖化・老化していれば、

問題ありでしょう。

肌年齢40代でマイナス5歳

50代でマイナス10歳

60代でマイナス15歳くらい



高タンパク美肌食は体重50kgの人で

1日100g以上くらいのタンパク質量を

考えています。

肉で700gほど。

食べられない人は、

一部をプロテインで代用すると良いでしょう。

美肌のアナボリック(細胞の再生)にはこれくらい必要です。

糖質20g以下 脂質は飽和脂肪酸とオメガ3(量は体感)

タンパク質で糖新生を起こす人もいますが、

頻回小食にすると少し回避できます。

1日糖質20g以下 タンパク質100g以上 脂質適量(体感で)





● 糖質制限で何が変わるの?


かなり多くの病気が治ります。

薬の90パーセントは要らなくなるでしょう。

それは製薬会社と医療関係者にとって

倒産の危機です。

製薬会社トップの人間(および政治家の多く)にとっては

糖質制限はつぶさなければいけないものです。

人類が病気から解放されるには

糖質制限+アルファしかかないでしょう。





● 糖質制限てなに?

糖質を制限する食事法です。

糖質とは

お米(玄米も含む)や小麦などの穀物

イモ類 カボチャ 果物 砂糖類(黒砂糖や蜂蜜なども)

これらを食べません。



● なぜ糖質は駄目なの?

お米など糖質は小腸でブドウ糖になります。

コンビニのおにぎり一個で

角砂糖7個分のブドウ糖になります。

これが糖化作用(AGE化)で細胞を弱くします。

とくに毛細血管がダメージを受け、

ダメージを受けた毛細血管の多い臓器が

弱っていきます。

またグリコーススパイク(血糖値の急な上下)

による様々な弊害があります。

糖化を防ぐには

糖質1日20g以下をお勧めします。


 ▽ 糖化作用のわかりやすい図





また糖化が腸に出ればリーキーガットです。



● 糖質制限で筋肉が衰えると言われてますが?

タンパク質不足です。

糖質を減らした分、タンパク質を増やしましょう。

厚生労働省の勧める1日に必要なタンパク質量は、

体重50kgの人で50gですが、少なすぎます。

70g、できれば100gはほしいところです。

タンパク質100gは肉で600gほど食べる必要があります。

そんなに食べられない人は、

プロテイン を併用なさるとよろしいでしょう。


ボディービルの本場アメリカでは

多くのボディービルダーがケトジェニック(糖質制限の一種)

です。

糖質制限で筋肉が落ちるのはタンパク質不足です。


糖質制限実践のボディービルダー

 ▽ 北島達也氏のコメント(下をクリック)









● 糖質制限すると頭が働かない だるい 疲れる


糖質中心の食事では

糖質でエネルギーを作ります(ATP合成)。

糖質制限では

ケトン体(タンパク質や脂質から作られる)でATP合成

します。

脳もケトン体をエネルギーにできます。

ケトン体でエネルギーを作る(ケトン体代謝)は、

糖質でエネルギーを作るときのように

過度な乳酸ができませんので、

クリーンエネルギーで理想的な代謝です。

しかし糖質漬けの人は

なかなかケトン体を有効利用できるようにならず

タンパク質・脂質を摂取しても

うまく使えずに栄養不足になり

ダイエットをしたときのように

頭が働かない だるい 力が出ない 筋力が落ちる

という症状がでます。

またカテコールアミンが出過ぎている人は

(イライラ 怒り 心配 不安 悪口陰口 議論)

酸素不足からうまくケトン体を利用できないです。

血中ケトン体濃度が高くてもうまく利用できていません。

具体的には頸椎や胸椎周りの腱・靱帯が硬い人です。

レントゲンではわからないですが、

プロが触ればわかります。

ここが緩んでくると酸素が充分供給され

ケトン体をうまく利用できるようになります。


● どうすれば早くケトン体代謝を安定できますか?(食事編)

女性フェリチン100以上

男性フェリチ150以上あると早いです。

フェリチンはこちら

またマグネシウムも必要です。

タンパク質は体重50kgの人で70g以上

できれば100g

脂質は飽和脂肪酸(バター 牛脂 ラード 肉の脂身)と

オメガ3(クルミ マグロ(脂身) サバ ブリ イワシ サンマ

サケ アジなど)

お肉が食べられない人は

プロテイン(20~30g)+

無糖ココア+生クリーム(ホットの場合はバターも)

プロテインは水で溶かし

ココアはお湯で溶かします。

おやつにクルミ。

これを1日1~3回ほど。

タンパク質 飽和脂肪酸 オメガ3 マグネシウム

の高栄養食です。



● どうすれば早くケトン体代謝を安定できますか?(精神編)


ケトン体を代謝させるには、酸素が必要です。

呼吸が浅いと、ケトン体をうまく代謝できず、

糖新生で血中ブドウ糖濃度を高めて、

解糖系でエネルギーを保とうとするため、

糖質欲求が止まらなくなります。


イライラ 怒り 心配 不安 悪口陰口 議論

しないようにします。

またそういう人やサイトから離れます。

糖質制限を批判するブログやサイトに

カテコールアミンが出過ぎて

非常に攻撃的な記事が多いです。

糖中毒から抜け出せず

ケトン体代謝有効利用できず、

お菓子を取り上げられた子供が母親に当たり散らすように

糖質制限に怒りをぶちまけています。





● どうすれば早くケトン体代謝を安定できますか?(治療編)

頸椎 胸椎周りの腱・靱帯を改善。

頭蓋骨縫合部を緩める。(ツノ治療)


● 糖質を制限しタンパク質・脂質・ミネラルを

充分に取るだけで良いのですか?

糖質を制限すること以上に

糖質中毒から抜けることが大事です。

中毒から抜けられないと、

低糖質スイーツに向かいます。

マクロビオテックが白砂糖を否定しながら

黒砂糖や蜂蜜に依存していたったのと

同じ道をたどっていきます。